業種にマッチした貸し倉庫を借りてスムーズな経営を!
ロゴ

便利な設備が利用できる好条件の貸倉庫をチョイス

業種にマッチした貸し倉庫を借りてスムーズな経営を!

コンテナ

人気のエリアを選定

在庫などの商品や、資材や道具を保管するために貸し倉庫が必要な場合があります。自社が広くスペースに余裕がある場合はオフィス内に倉庫を兼ねることもできますが、都会であれば広い面積のオフィスを借りたり購入したりすると、コストが莫大になってしまいます。そのため、埼玉など比較的広大な土地でも賃料のコストが押さえられるエリアで貸し倉庫を探している企業が多いです。アクセスが便利な立地で、賃料の安い物件の需要が高くなる傾向があるのです。

必要な設備は?

埼玉には貸し倉庫が多数あります。倉庫の特徴もさまざまですので、業務内容に即した物件を選ぶことができるでしょう。大型の荷物を出し入れするのに便利なリフトやエレベーターが設備として利用できる物件もあります。また、倉庫だけではなく、工場や事務所としても活用できる貸し倉庫も支持されています。

注意すること

倉庫として利用する場合は、格納する荷物の内容によっても選ぶべき物件の条件が変わってきます。湿度や温度の管理を常時行なう必要がある物であれば、電気が通っている倉庫で空調管理をしていく必要があります。またスタッフが中で作業することが多いのであれば、駐車場やトイレの有無も重要な条件になってくるでしょう。

事前にチェック

また、契約するときには諸費用がかかってくることを忘れないようにしたいものです。不動産業者への仲介手数料・礼金・敷金など賃料の数ヶ月分がプラスされます。また、契約期間や更新についても前もってチェックしておく必要があります。

インターチェンジ付近が狙い目!

倉庫の荷物は、トラックなどで輸送することになります。そのため、高速道路のインターチェンジ付近は、貸し倉庫を借りるエリアとして人気が高いです。

物件を選んだ決め手を調査!

スタッフの対応の良さで決めました

担当してくれた不動産業者の方がとても丁寧で、条件に合う物件をいくつも提案してくれました。物件についてメリット・デメリットの両方をキチンと教えてくれたので、信用もできました。おかげで最高の貸し倉庫を借りることができました。

とにかく内見に行ってこだわりの物件を探しました

インターネットの不動産サイトで気になる物件をいくつもピックアップしていたのですが、実際に内見に行くとイメージと違うということが続きました。しかし、あきらめずに探し続けて内見に行き、数十軒まわってやっと理想の物件に巡り合うことができました。

広告募集中